【人の名前】を勝手に変えるって??

 本日は副業から離れて体験記の投稿です。


 我が家の息子(龍世)の高校受験が終わり、無事に第一志望校に合格でき晴れて4月から意中の高校に行こうと思っていたわけです。が、入学前に事件が起こりました。高校に入学するための準備書類の中に、「住民票記載事項証明書」なるものがあり、これはいわゆる就職などの際に雇用者から提出を求められる身分証明の一種(正確な氏名・住所・生年月日など限定的な内容を確認するもの)ですが、これを高校に提出する必要があったわけです。住民票と何が違うの?と思ってしまいますが、住民票は記載内容が定型で情報量が多いのに対して、住民票記載事項証明書は企業や学校が求めるフォーマットで必要最低限の個人情報のみ記載されるものです。昨今の状況からすれば、個人情報の取扱いが厳格になっているので、企業や学校も多くの個人情報を取得・保有したくないのでしょう。

 もちろん我が家でも入学予定の学校が指定するフォーマットに氏名や住所などの情報を自分で書き込み、世田谷区の行政サービス窓口に持参し証明印を求めに行きました。何か時間がかかっているなと思い、やっと来た担当の方に言われた驚愕の一言が、「息子さんの名前が違います」と。一瞬???となりました。自分でつけた息子の名前なのに違う?どういうこと?と思いながら、説明をよく聞くと、「龍」の1画目が縦棒ではなく、横棒です、とのこと。つまり下記のような漢字です。



 こんな漢字見たことありますか?なんかおじいちゃんやおばあちゃんが書く旧字体?もしかして祖父母が出生届を出すときに間違えた?(っていうか祖父母は実際出していない)とか色々考えましたが、縦棒に戻すには色々大変な手続きがあるらしく、その場はおとなしく引き下がり、横棒の龍で証明をもらいました。もっと正確にお伝えすると、縦棒の龍に訂正印を押され、手書きで横棒の龍に直されるという結末。学校に提出する書類なのに(泣)。


 もちろん学校でも色々な書類の手続きを横棒の龍で進めることになりました。でも待てよ、そもそもこの漢字ってPCとかでも出てこないですよ。そんな漢字にするかなと思いつつ、過去の戸籍謄本などを見てみると縦棒の龍で登録されていました。さらによく調べてみるとこれにはからくりがあることが分かりました。

 どうも平成16-17年頃から、法務省の方針で「人名漢字には正しい漢字を使用するように」という指導が全国の自治体にあり、各自治体の戸籍上では法務省の指導に基づき正確な漢字が用いられるようになったようです。その中に「龍」の漢字も含まれていて、縦棒から横棒が正式な龍の漢字となったようです。

 私の息子は横浜市青葉区に出生届を出したため、そこに確認したところ、「10年ほど前の法務省の指導に基づき、龍の漢字は全て横棒に変えています」と。えっ、ちょっと待って!本人や家族に何の連絡もなく、名前の漢字を勝手に変えるの??ただ「連絡のあった方は縦棒の龍に変えています」と。ちょっとおかしくない!?連絡した人だけ?と憤りを覚えつつも、縦棒の龍への変更手続きを横浜市で行い、それを世田谷区に移管するという結構面倒な手続きをかなりの日数をかけて行いました。もちろんその後学校への提出書類も全て訂正です。


 たまたま今回息子の証明を取りに行き気づきましたが、世の中の「龍」が付く名前の方、また他の漢字でも勝手に変えられて気づいていない方、そういった方々が多数いるのではないかと思います。人名の漢字を勝手に変えるなんて、ちょっと信じられませんが、実際にあった話ですので、皆さんもお気をつけください。


#高校受験 #入学 #準備書類 #行政サービス窓口 #驚愕の一言 #龍の漢字 #違う #縦棒の龍 #横棒の龍 #法務省 #指導 #出生届 #龍の漢字は全て横棒



407回の閲覧

最新記事

すべて表示