【謹賀新年】 めでたい初日の出と太陽に関する心配 #56

 

 あけましておめでとうございます。新年一発目は太陽に関する話題にしたいと思います。新年の最初に見られる清々しい初日の出、実は私は今までの人生で一度も初日の出を見たことがありません。なぜなら、だいたい大晦日にお酒を飲んで夜更かししてテレビを見て、年明けは比較的ゆっくり起きることが多いからです。夜明け前から初日の出を見に出かけ、新しい一年に願いを込めて初日の出とともに祈るという経験がないのですが、いつか大晦日の夜更かしをやめて、一年の最初に太陽が地平線に姿を見せる瞬間を拝みたいと思っています。初日の出を一度でも見ることができたら、人生がまた少し豊かになるような気がします。



 国立天文台によると、2022年初日の出の時刻は、東京で午前6時51分、大阪で7時5分です。日本で最も早いのは日本最東端の東京都南鳥島で5時27分ですが、人が住んでいないので、実際に人が住んでいる場所では小笠原諸島・母島の6時20分が最も早く日の出が見られる場所と時間になります。日本本土4島(北海道・本州・四国・九州)の中で最も早い日の出は、日本一高い山である富士山の山頂で6時42分ですが、ここも冬季は全ての登山道が閉鎖されているので、一般の人が見ることは難しいと思われます。日本本土4島の平地で最も早い初日の出は、千葉県銚子市の太平洋に突出する岬である犬吠埼で6時46分。実は富士山の山頂と4分しか違わないのですね。いずれにせよ、いつかどこかで初日の出を拝めるように人生を整えていきたいと思います。


 初日の出に限らず、日の出を見た経験も片手で数える程度しかないのですが、実は日の出というものには形があるようです。大気中を通過する光が屈折することで生じる「大気差」と呼ばれる現象により、日の出直後の太陽は、かなり潰れた姿になるようです。また、海面と大気の温度差が大きい場合は、光が屈折する状況も複雑に変化し、太陽が四角くなったり、だるまの形になったり不思議な形に姿を変