【もみじ谷の蛇塚】 都内屈指のパワースポット #46


 

 東京タワーのふもとにある芝公園は増上寺を取り囲むように全部で25号地までありますが、この25区画のうち19号地のもみじ谷にあるのが蛇塚です。テレビでも取り上げられ、金運と仕事運が上がることで有名になり、人に気付かれにくい穴場的な場所にありますが都内でも屈指のパワースポットです。現在は改修工事のためか立ち入り禁止になっており、近くまでは行けないようになっていますが、赤い頭巾と前掛けをしたお地蔵様を少し離れたところからお参りできます。名前の通り、この蛇塚は蛇に由来するのですが、一番上に位置するお地蔵様の祠の中に白い蛇の置物(白い龍のようにも見えるとぐろを巻いた石像)が置かれています。


 なぜここが有名になったかというと昭和40年代の頃に遡りますが、神成志保さんという秋田県能代市出身の方が新宿で飲食店を営んでいたときに起きた実話に基づくようです。神成志保さんは実在する人物で後ほどご紹介する寺院でもその名前が紹介されています。蛇塚の説はいくつかあり、由来となる説は大きく分けると以下の3つです。①神成さんが蛇の夢を見るようになってから、自分の飲食店が繁盛し始め、ある夜には蛇を祀るように夢でのお告げがあった、②夢で蛇を見るのはもちろんのこと、家の中で蛇を見たりするたびに、商売がどんどん繁盛し、自宅の箪笥から蛇の抜け殻が見つかり、これは自分の守り神だと確信して、感謝の念を形にしたいと思い蛇塚を建てた、③偶然店に迷い込んできた蛇を発見し、その蛇を保護してもみじ谷に放してあげたところ、店が急に繁盛し始めた、といういくつかの説が金運と仕事運がアップする蛇塚伝説としてマスコミで取り上げられ、有名になっていったようです。

 なお、これも説の中に出てくるのですが、神成さんは東京タワーのすぐ近くのお寺の本堂の屋根に蛇が昇っている夢を見たということで、実際に探し、東京タワーのふもとの心光院(心光教院)にたどりついて、住職に蛇の話を打ち明けたところ、大変共感され、供養を勧められたそうです。この心光院の敷地の中には、龍王堂という場所に白い蛇(龍)の置物があり、その隣の立て看板で神成さんのことが紹介されています。

 

 パワースポット巡りとしてはこの蛇塚と心光院がお勧めですが、この近くにある財運の神様である弁財天を祀る宝珠院もお勧めです。宝珠院には、徳川家康公所蔵の開運出世大弁財天と高さ2mもある木彫りの閻魔大王の像(港区指定文化財)が祀られているほか、蛇の石像もあり、蛇つながりのパワースポットとして巳の日には参拝者が増えるようです。もし時間があればここも一緒に回ってみてください。


 私は今回ご紹介した有名な蛇塚もさることながら、同じ19号地内にある東京タワーから流れ出るように見えるこの滝からも非常に不思議な力を感じました。日本にも滝のパワースポットは数多くありますが、ここのもみじ谷の「もみじの滝」も小さいながらも東京タワーと一体化して、手のひらにひんやりと滝の冷気を感じながら、心身ともに落ち着いてエネルギーをチャージできる空間だと強く感じました。もみじの滝をパワースポットとして紹介する人はいないようですが、私はむしろここが相当のパワースポットだと信じています。蛇塚から数十メートルの距離にあるのでこちらも是非立ち寄ってみてください。


 今までたくさんのパワースポット巡りをしてきましたが、今回の蛇塚ルートを回ってから私自身の仕事の運気が急に良くなり、絶対に取れないと思っていた大きな案件が獲得できたり、今まで消えかけていた案件が急に復活したりと、明らかに今までの仕事の流れとは一変するようになりました。先日も御礼参りということで同じルートを回り、賽銭もパワーアップさせて御礼を伝えてきました。これからも感謝の念を忘れずにお参りを続けたいと思います。


#蛇塚 #パワースポット #金運と仕事運 #芝公園 #19号地 #もみじ谷 #お地蔵様 #白い蛇の置物 #神成志保 #秋田県能代市 #心光院 #龍王堂 #宝珠院 #開運出世大弁財天 #閻魔大王 #もみじの滝 #東京タワー #感謝の念





247回の閲覧

最新記事

すべて表示