【人の成長】を考える 人材や人財に対する考え方 #14

 


 よく企業にとって「人材」は「人財」などと言ったりします。確かに個々人の意識や行動が企業体を形成していくため、人の成長は企業にとって非常に重要なものになります。時を同じくして、私のブログを見ていた上場企業のS氏からも人の成長についての意見を求められたこともあり、どのような状況を経て人は成長し、その企業にとって人材が人財となりえるのか考察してみたいと思います。


 

 サイバーエージェント人事統括役員の曽山哲人氏は、リーダーとして必要な決断力は、「決断の再生産」で磨くべきと述べられています。決断の再生産とは、上司から受けた決定事項を自分の中で咀嚼し、自分の言葉で語り直すことのようです。確かに、自分の言葉とするには、決定事項の背景にある意図を考え、時には上司に「要はこういうことか」と言い換えて確認しながら、自分の頭で整理して説明する力が必要となります。

 自分の若いころを振り返っても同様に感じますが、自分自身が「最終責任者」として決断せざるを得ない状況を経験することで決断力は磨かれてきたように思います。つまり人の成長に重要なことは、こういった決断を数多く経験することであり、私の周囲を見回してみても、成長している人間は決断した量が圧倒的に他の人よりも多いと思います。量が質を生むという考えのもと、数多くの決断を経て、その決断の質も非常に高いものになっていくと思います。


 企業の責務として、教育や研修に時間とコストをかけて人材を人財に高めていく必要があるかと言えばそれは否だと考えます。従業員は宝であるという企業のメッセージを込めて最初から人財として呼称するような使い方もあると思いますが、私自身は、個人が自律性や当事者意識を持ち、人脈や経験をフルに活用し自らビジネスをクリエイトして、局面ごとに適切な意思決定ができる、そういった人物となって始めて人財と呼ばれるものであり、誰かの押し付けや思い込みでそうなるものではないと思っています。

 上司や同僚から言われたことをただこなすだけの人もいますが、それでは自ら考えて付加価値を生み出す能力や実行力・行動力は養われません。意識的に個人が自律性や当事者意識を持つことで、結果として業務の効率性が高まったり、新たなビジネスが獲得できたりといった成功体験を積み重ねること(=意識を持つことによる副次的な効果)がその人を昇華させる、つまりは人財たらしめるのだと思います。

 

 自律性や当事者意識の高い集団にするためには、内部で人材を育成することはもちろんのこと、その特定の個人を外部に出してみる、あの特定の個人を外部から受け入れてみる、こういったことを繰り返すことで個々人が意識的に気付くことが多々あり、結果的にそのような経験(失敗/成功含む)を通じて企業の競争力強化につながっていくのだと考えています。実際に私自身も転職を経験して、このようなことを直感的に感じ取り今に至っています。


 経団連が企業に行った「新卒採用に関するアンケート調査(2018年度)」で、選考で重視する点の1位は16年連続で「コミュニケーション能力」が80%超とダントツで1位です。これだけSNSが浸透し直接話す必要がなくなってもコミュニケーション能力が一番重視されているのは本当に興味深いです。

 このコミュニケーション能力をもう少し幅を広げて考えてみると、自分の会社内の言語だけで通じる世界から一歩外に踏み出し、誰もが理解できる一般的な言語でコミュニケーションを取っていく必要があるとも言えます。人の成長にかかせない自律性や当事者意識、決断の再生産といった経験、このようなことを通して高度なコミュニケーション能力を養ったプロ個人たちが人財として活躍する世の中になってほしいと心から願っています。


#人の成長 #人財 #サイバーエージェント #決断の再生産 #最終責任者 #決断力 #自律性 #当事者意識 #成功体験 #競争力強化 #経団連 #新卒採用に関するアンケート調査 #コミュニケーション能力 #16年連続1位 #プロ個人 #活躍



415回の閲覧

最新記事

すべて表示