【上司】の在り方 部下としての行動の大切さ

 私たちが組織に所属する以上、上司は必ず存在するものです。私も今まで仕事をする中で、人格に優れた素晴らしい上司、全ての物事に対して処理能力の高い上司など尊敬できる上司に巡り合う一方、どうしても受け入れることのできない上司も複数存在しました。上司は部下を選べるのに、部下は上司を選べない、果たして本当にそうでしょうか。今回は部下から見た最良の上司、合わない上司に対して部下がとることが可能な行動、そして上司たるものの在り方について考察してみたいと思います。


 まず部下から見てどのような上司が望ましいのでしょうか。部下がやりたい仕事を任せてくれるのが素晴らしい上司だ、自分のミスをカバーしてくれる上司が一番だ、しっかり自分のことを見て正当な評価をしてくれる上司が最も良い、など様々な意見があると思います。こう考えると部下から見た上司像に正解はなく、部下一人ひとりでも考え方が違うので、上司側もあえて自分を曲げてまで何か偶像になりきる必要はないように思います。

 逆に最も避けたい上司というのは個人的な意見も含まれますが、自分の発言と行動が一致しない上司、戦略や方針がすぐにぶれる上司、部下をよく見ないまま分かっていないまま分かったように評価する上司、プライドの高い上司、周囲の意見を聞こうとしない上司、部下に夢を見させてあげられない上司、リーダーシップが欠如している上司、モチベーションを下げる上司、部下に対して性悪説な上司です。これは過去からの私の経験則と実感に基づいたものであり、このような上司のもとにいることほど不幸なことはありません。それではこのような上司に巡り合った場合に私たちはどのような行動をとるべきでしょうか。


 合わない上司のもとで、ストレスから心を病んで精神病を患ったり、普段のパフォーマンスが発揮できないということは本当にもったいので、まずは合わない上司に対しては自分の考えを直接本人に伝えるべきだと考えます。直接言いにくい場合は周囲から言ってもらう、上司のさらに上司に言うというやり方もあります。ただ上司の上司に話すということは、結局その本人に伝わるため、話がねじ曲がって伝わるよりは直接その上司に伝えた方が良いと思います。直接上司に自分の意見をぶつけ、建設的なディスカッションができるかどうか、その上司がどのような態度を取るか、回顧して部下の意見を尊重するのか、反発して部下に嫌悪感を抱くのか、この辺りは直接話すことでよく分かると思います。

 話してみても前に進まないことが明らかになれば、選択肢としては3つあります。服従、異動、転職です。上司だってずっと同じポジションにいるわけではなく時間が経てばいなくなるので、今をやり過ごすためには服従という選択肢もあります。ただ服従は先が見通せないことと自らの行動で変えることにはつながらないので、個人的には異動を前提に話し合い、それでも良い選択肢が見出せなければ転職を考えても良いと思います。転職を悪に考える必要はなく、むしろ今までの経験を活かして新たな成長ができることからポジティブに捉えて良いと思っています。定年まで勤め上げるのが当たり前の時代における転職のイメージは落伍者やワケあり人材という見られ方をされた時代もありましたが、今は全く違います。むしろ積極的に会社の外に出て自ら高めようとしている人の方が志や能力が高いということを実感することが多いです。


 最後に上司の在り方ですが、リーダーとしてチームの一人ひとりが最大限の力を発揮できるよう努めることが大切です。具体的には、組織としてチームメンバーが目指すべき明確な方向性・ビジョンを示すこと、ビジョン実現に向けて部下のモチベーションを上げること、ビジョン実現の妨げとなる障害や問題を取り除くことが挙げられます。組織として成果を上げるには、リーダーたる上司一人の力では目的を成し遂げることができません。先頭に立って部下を引っ張ることはもちろんのこと、時には立ち止まって遅れている部下を励まし、ゴールまで全員のモチベーションを維持しつつ、メンバーが自主的に行動していけるように導く力が求められます。

 経営学者として有名なピーター・ドラッカーが提唱したリーダーシップ論では、リーダーシップについて、「仕事・責任・信頼」という言葉を使って定義付けしています。①仕事:リーダーシップとは生まれ持った資質ではなく「仕事」であり、目標・基準・優先順位を定めて率先して行動するのがリーダーである、②リーダーシップとは地位や特権ではなく「責任」であり、リーダーとしてスタッフの行動を支援しながら責任を持つことが必要である、③リーダーシップとは「信頼」であり、リーダーとしての仕事をしてメンバーに対する責任を持つことで最終的に信頼が得られ、部下が付き従うものである、と述べています。

 まさに時代が変わっても求められるリーダー、上司としての在り方は不変だと思います。

自分の体力や精神を削ってでも上司に尽くすという古い考え方は脱ぎ捨て、自分の時間や個性を大切にして合わない上司がいれば自ら切り捨てるくらいの勇気をもって、自らの道を切り拓くべく行動をすべきだと思います。なかなか行動に移せない理由もあるのは理解します。例えば、日々の忙しさに流されてしまいどんどん時間ばかりが過ぎていく(時間の問題)、常識や前提に流されてしまいがちで新しいことをやる気合が入らない、新しいことは不安・面倒くさい(思考の問題)といったものです。そういった問題から新たな一歩を踏み出し、まずは行動することが大事です。行動が結果を生み、新しい道を切り拓いていくのです。幕末の時代に松下村塾で様々な希代のリーダーを輩出した吉田松陰のモットーは「行動第一」です。そして常に言っていた言葉が「考えて行動しなさい。考えて行動しないのであればそれは考えていないのと同じだ」と。非常に名言で奥深い言葉ですよね。私もこの言葉を忘れずに常に考えて行動し前進していきたいと思います。


#上司 #部下は上司を選べない #ぶれる上司 #部下に対して性悪説な上司 #最悪 #服従 #異動 #転職 #新たな成長 #志や能力が高い #上司の在り方 #目指すべき明確な方向性・ビジョンを示す #部下のモチベーションを上げる #障害や問題を取り除く #ピーター・ドラッカー #リーダーシップ論 #仕事・責任・信頼 #上司としての在り方は不変 #合わない上司 #自らの道を切り拓くべく行動をすべき #吉田松陰 #行動第一



233回の閲覧

最新記事

すべて表示