【東京オリパラ】の開催是非を考える 誰がどう判断すべき? #5



 新型コロナウイルスの影響で1年の延期となった東京五輪ですが、果たして大会は開催されるのか、中止なのか、さらに延期という選択肢はあるのか、色々な報道や憶測が連日なされていますが、皆さんはいかがお考えでしょうか。ただ3番目のさらに延期というのはおそらくないのでしょうね。もともとIOCは延期決定の声明で、「東京で行われる第32回オリンピック競技大会が2020年以降、ただし2021年夏を過ぎない日時でスケジュールを変更すべきという結論に至った」と説明していたわけで、2021年7月23日に開幕するか、中止にするかの2択なのだと思います。



 開催か中止にあたって真っ当な答えをするのであれば、アスリート、オリンピック/パラリンピックの関係者、国際社会の人々の健康を守るために、新型コロナウイルスの状況や影響が落ち着かない限り(ワクチンの普及含む)、中止という判断が妥当なのだと思います。

 ただ個人的には、東京で開催されるからという単純な理由ではなく、この4年に1度に全てをかけてきたアスリートの想いを考えると開催してもいいのではないのかなと思ったりもします。また私自身がスポーツ大好き人間で、筋書きのないドラマを求めているというのもあるかもしれません。このような私の考えに不謹慎だという意見を持つ人もいるのは理解できます。さて、それでは誰がどのように判断したらよいのでしょうか。


 IOCバッハ会長の「7月23日に始まるオリンピックと8月24日に始まるパラリンピックについて、安全な開催に向けて完全に集中、コミットしている」という発言からすれば、開催の方向で検討しているようにも聞こえます。また組織委員会の新会長に就任した橋本聖子さんも、五輪の開催可否について「大会に参加いただく関係者、受け入れる都民・国民、双方にとって安全最優先の大会を実現し、アスリートたちが迷いなく大会の舞台に立つことができるよう尽力したい」と開催に向けた意欲を示しています。バッハ会長や橋本さんが責任をもって開催を宣言すればそれでOKでしょうか。


 私はこのような中で2つの方法を提唱したいと思います。

 1つ目は参加するアスリート全員へのアンケートの実施です。例えば、1.是非開催してほしい、2.条件付きで開催してほしい、3.正直コロナリスクがあるので開催を見送ってほしい、4.絶対に開催すべきではない、といった選択形式の質問をして、アスリートの本音を聞いてみたいです。アスリートの皆さんは是非開催してほしいと思っているのではないかと思っていますが、実は海外も含めたアスリートはそれぞれ違う思いを抱いている可能性もあり、オリンピック/パラリンピックに出場予定の全てのアスリートの本音を探る調査をしてほしいと思っています。

 2つ目は国民投票を行うことです。日本国民はこの東京五輪の開催をどう思っているのか、国民全体で投票してはどうかと思うのです。街頭インタビューやアンケート調査の結果が色々なマスメディアから出されていますが、実は出場するアスリートの想いや本音とは別のところで、「飲食店や旅行業が苦労しているんだからスポーツの祭典なんかやっている場合じゃないだろ」という声だけで世論を形成しようとする動きがあるのも事実です。

 この国民投票とは、国政上の重要な事項について国民が直接投票を行う制度です。経済大国アメリカにもこの制度は存在しません。日本国憲法96条で憲法改正の手続きとして国民投票を定めているため、基本的には改憲のための制度と言えます。ただし改憲以外の事項に関する国民投票の定めはないだけで、やろうと思えばできるはずです。

 またこのような国民の誰もが関心を持つ東京五輪の開催是非を国民投票で行うことで、今後の選挙などへの関心も高まり、国民の意識の中にも自分たちに影響が及ぶものは国民が参加できる国民投票で、との国政参加の意識が高まるのではないかと考えています。


 東京五輪の聖火リレーは、2021年3月25日に福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジでスタートします。聖火ランナーを辞退する人が出ている状況でもあり、7月の開催まで残された時間はわずかですが、参加するアスリートの健康観察、スタッフの健康・行動管理の徹底、沿道の観客の密集回避など、万全の体制は大前提のもと、五輪開催について国民のみんなが納得できる形で決着がつくことを願っています。


#東京五輪 #東京オリパラ #オリンピック #パラリンピック #開催是非 #開催か中止か #アスリートの想い #IOC #バッハ会長 #橋本聖子 #スポーツ大好き #安全最優先 #アスリート #アンケート #アスリートの本音 #国民投票 #国政参加の意識 #聖火リレー #辞退 #健康管理 #万全の体制 #国民の総意



432回の閲覧

最新記事

すべて表示