【豆知識】知っているようで知らないウイスキーの世界(1)#58


 今回の豆知識シリーズでは「ウイスキー」を取り上げたいと思います。ウイスキーを飲んだことはあっても実際はどのようなお酒なのか詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか。



 ウイスキーは「蒸留酒」というお酒の一種として定義されています。これに対して、ビール、ワイン、日本酒などは「醸造酒」といわれ、発酵された状態でそのまま飲むお酒です。ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は、醸造酒や醸造酒の副産物などアルコールを含有する液体を蒸留して造られます。そのため、ビールやワインに比べてアルコール度数が高くなります。

 ウイスキーは世界中で親しまれているお酒で12-13世紀頃にはすでにアイルランドで原型が造られていたといわれています。アイルランドから世界各地に広まったとされるウイスキーですが、世界の5大ウイスキーをご存知でしょうか。有名なのは発祥地であるアイルランドの「アイリッシュウイスキー」や18世紀に樽で熟成を始めたスコットランドの「スコッチウイスキー」です。これに加えて「アメリカンウイスキー」や「カナディアンウイスキー」があり、実は「ジャパニーズウイスキー」も5大のうちの1つなんです。日本に初めてウイスキーが伝わったのはペリーが来航した1853年と記録されています。本格的に日本でウイスキーが広まったのは第二次世界大戦後のことですが、そこから改良を重ねて、今では世界に認められるウイスキーになったというのはすごいことですよね。


 次に原料のお話です。日本酒の原料はお米、ワインの原料はブドウというのは皆さんご存知かと思いますが、ウイスキーの原料は何でしょうか。ウイスキーは「モルト」と呼ばれる「大麦」(大麦麦芽)が原料になります。

 少し脱線しますが、大麦と小麦とは何が違うのでしょうか。実は私もよく分からず、粒の大きさか何かと思っていたら全く関係ないそうです。

その違いは、写真の通り、穂から出ているひげのような突起の禾(のぎ)にあり、禾が長く穂よりも上に出ているものが大麦、短くて不揃いなのが小麦といわれています。しかし品種によっては禾が短い大麦もあるため必ずしもそうとは言えず、穂の子実が上から見て対角線上に並んでいるのが大麦と見分けるのが良いそうです。

 もう少し脱線が続きますが、大麦と小麦の栄養成分はよく似ている一方で、用途は全く異なります。麦ごはんといえばもっぱら大麦を使い、逆にパンや麺の多くは小麦で作られます。この用途別に分けるもとになるのが、たんぱく質の違いです。小麦のたんぱく質は「グルテン」で粘り気があり、パンをふんわりと膨らませ、麺にはコシを出します。一方、大麦に含まれるのは「ホルデイン」というたんぱく質で、粘り気はありませんが、大麦は小麦に比べ吸水性があるのが特徴です。そのため、小麦粉で作るパンはふんわりと膨らみ、大麦を使った麦ごはんはお米と一緒に炊くとふっくらとおいしく仕上がります。しかし、今は大麦の製粉技術や加工方法の研究が進み、グルテンの違いを乗り越えて大麦でもおいしいパンや麺が作れるようになっているそうです。また、小麦アレルギーの原因物質はグルテンですが、大麦のたんぱく質ホルデインと非常によく似た分子構造をしているため、稀に大麦でもアレルギー反応を起こしてしまうことがあるそうなので、小麦アレルギーがある方は大麦由来の飲料や食品にも気をつけた方が良さそうです。


 かなり原料で脱線してしまいましたが、ウイスキーの原料はモルトだけではなく、「グレーン」と呼ばれる「とうもろこし」などの穀類が原料になることもあります。モルトウイスキーやグレーンウイスキーというのは原料の違いによるものです。シングルモルトと呼ばれるウイスキーも聞いたことがあると思います。これは、モルトウイスキーの中でも一つの蒸留所での原酒から製造されるものをいいます。そのため、次回に詳細の説明をしますが、シングルモルトウイスキーは単一蒸留所のある土地の水や気候、風土などの違いで個性が出やすく、人によって好き嫌いが激しくなります。これに対してグレーンウイスキーはサイレントスピリッツ(静かな蒸留酒)と呼ばれるように、穏やかであまり主張の強くない味わいのため、すっきりとして万人受けする飲みやすさがあります。このモルトとグレーンをブレンドして造られたウイスキーのことを「ブレンデッドウイスキー」といい、さらに口当たりがよくなるため、飲みやすさや口当たりを重視する方はブレンデッド派になります。

 日本で代表的なシングルモルトは「山崎」、シングルグレーンは「知多」、ブレンデッドウイスキーは「響」になります。ブレンデッドは初心者も入りやすいと言われていて、スコッチウイスキーでの代表的な銘柄は「バランタイン」や「シーバスリーガル」などになります。


 今回は、ここまでウイスキーの歴史や原料、呼称などについて説明してきましたが、次回は具体的な蒸留所やその味わい、将来の発展性についてもお伝えしていきたいと思います。


#ウイスキー #蒸留酒 #世界5大ウイスキー #モルト #大麦 #小麦 #グルテン #ホルデイン #グレーン #シングルモルト #サイレントスピリッツ #ブレンデッドウイスキー #山崎 #知多 #響 #バランタイン #シーバスリーガル




閲覧数:293回

最新記事

すべて表示